JESⅦ 開始のお知らせ

2021年10月31日に行なわれた第49回衆議院議員総選挙に際して、全国有権者を対象とする事前調査(JESⅦ第1波調査)及び事後調査(JESⅦ第2波調査)をパネル調査として実施した。

お知らせ

2022.4.18

「代議制民主主義カンファレンス」

主催:日本政治学会日本政治過程研究会、文部科学省科学研究費補助金「JESⅦ調査実施による選挙研究から代議制民主主義研究への展開とデータ公開」

司会・中谷美穂(明治学院大学)

報告・小林良彰(慶応義塾大学)「代議制民主主義の計量分析」

討論・岸洋子(自治体行政研究所)

報告・能條桃子(NO YOUTH NO JAPAN)「若者の政治意識と啓発活動」

討論・中谷美穂(明治学院大学)

2022.3.18

ソウル大学との学術シンポジウムInternational Symposium of Public Administration and Democracyを主催しました(Session 1は投票行動研究会が主催、Session 2は自治体ガバナンス研究会が主催)。投票行動研究会が主催したSession 1では、Yoshiaki Kobayashiが司会、Illoong Kwonが討論者を務め、Masataka Haradaが“Using Cell-phone Mobility Data to Study Voter Turnout”、Yuta Kamaharaが“Fair Election as Probatio Diabolica? A Geometric Interpretation of Digit-Based Election Forensics”、Naoko Taniguchiが“The Trilemma of Welfare, Finance, and Democracy: Analysis on Welfare Policy Appeals of Japanese Political Parties and Voter Choices”、Hiroki Tsukiyamaが“Incumbent Reelection and Fiscal Performance”という研究報告をそれぞれ行ないました。

 

2022.3.13

内閣府日本学術会議政治学委員会との共同主催で公開シンポジウム「2021 年衆議院総選挙における市民意識 ―世論調査の課題と若い有権者の動向ー」を開催しました。石上泰州(日本学術会議連携会員、平成国際大学法学部教授)が司会、河野武司(日本学術会議連携会員、慶應義塾大学法学部教授)、西川伸一(日本学術会議連携会員、明治大学政治経済学部教授)、中谷美穂(日本学術会議連携会員、明治学院大学法学部教授)が討論者を務め、井田正道(日本学術会議連携会員、明治大学政治経済学部教授)が「コロナ禍の世論・世論調査と総選挙」、小林良彰(日本学術会議連携会員、慶應義塾大学名誉教授)が「2021 年衆院選における有権者意識」、能條桃子(NO YOUTH NO JAPAN 代表)が「若者の政治意識」という研究報告をそれぞれ行ないました。

 

2021.10

Asian Electoral Studiesによる学術シンポジウムを主催しました(Session 1とSessioin 3は投票行動研究会が主催、Session 2は自治体ガバナンス研究会が主催)。Yoshiaki Kobayashi、Chia-hung Tsai (台湾国立政治大学選挙研究センター)、Byong-Kuen Jhee (Chosun University) が司会、Naoko Taniguchi、Tsuyoshi Mifune、Takeshi Iida、Youngho Cho (Sogang University)、Chin-hsin Yu (台湾国立政治大学選挙研究センター) が討論者を務め、Chin-hsin Yu (台湾国立政治大学選挙研究センター) 他が "Why Taiwanese Are Balancing China?"、Ingeon Hwang (Sungkyunkwan University) 他が "Korean Mainstream Political Parties' Approaches to the Youth Politics: Content analysis of the official party statements"、Masataka Haradaが "Using cell-phone mobility data to study voter turnout"、WooJin Kang (Kyungpook Batuibak University) 他が”Why do some South Koreans support the authoritarian regime?"、Yuta Kamaharaが "Who Is Counted? Examining the Measurement of Malapportionament via Population, Registered Voters, and Cast Votes"、Su-feng Cheng (台湾国立政治大学選挙研究センター) 他が "The China Factor and Taiwan's 2020 Presidential Election"、Hiroki Tsukiyamaが "Power Tends to Corrupt? - Leader's Reelection and Fiscal Efficacy"、Chia-hung Tsai (台湾国立政治大学選挙研究センター) 他が "Not the Whole Truth: Survey Experiment on Taiwanese People's Attitudes toward Energy Policy"、Seokdong Kim (GSPA, Seoul National University) が "Developmental States' Social Cleavages on the Conservative Party Dominance: Why the Center-Right, Not the Centrist Position?"という研究報告をそれぞれ行なった。 

2021.6

韓国延世大学行政学大学院との共催による学術シンポジウムInternational Conference of Political Science and Public Administrationを開催して、Yoshiaki Kobayashiと延世大学のSangjoon Kimが司会、Takeshi IidaとMiho Nakatani、延世大学のHeon Joo JungとYoungin Kimが討論者を務め、Yuta Kamaharaが“The Calculus of Downloading a COVID-19 Contact Tracing App: An Empirical Test of COCOA, Japan”、Masataka Haradaが“Brief review of the legacy of war violence: the case of the bombing of Tokyo”、Hiroki Tsukiyamaが “Power Tends to Corrupt? Leader’s Reelection and Fiscal Efficacy”,

延世大学のHyejin Kangが”Comparison of Diplomatic Relations between South Korea and Japan with Australia”、A-Ra Cho が“A Study on the Determinants of R&D Budget in South Korean Local Governments”、Okmin Yunが” The Expansion of Local Government-Invested and Funded Institutions: Combining Resource Dependency and Institutional Perspectives”という研究報告をしました。その後、熱心な質疑応答があり、実りある学術シンポジウムになりました(Session 1は自治体ガバナンス研究会と延世大学GSPAとの共催、Session 2は投票行動研究会と延世大学GSPAとの共催)。

メンバーの活動 (含、章分担執筆)

2020年 書籍 The Crisis of Liberal Internationalism: Japan and the World Order が刊行されました。

2020年 書籍『危機対応学の社会科学(上)』が刊行されました。

2020年 書籍 Local Autonomy and Decentralization in Korea が刊行されました。

2019年 書籍 Korean Residents Self-governing Theory and Reality が刊行されました。

2019年 書籍 Local Governments in Korea UK France Germany Japan Spain and Switzerland が刊行されました。

2019年 書籍 Korean Civil Servant Who are They が刊行されました。

2017年 書籍『二大政党制の崩壊と政権担当能力評価』が刊行されました。
2016年 書籍『有権者のリスク態度と投票行動』が刊行されました。
2016年 書籍『代議制民主主義の計量分析』が刊行されました。

障害情報

現在、報告されている障害はありません。

​お問い合わせ

調査に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

投票行動研究会 調査事務局

E-mail:
jes.project.office★gmail.com (★を@にしてください)

JESIIIデータ、JESIVデータ、JESVデータ、JESVIデータをご利用の方はこちらをクリックしてください。

⇒ JESIII、JESIV、JESV、JESVIデータの利用について

If you have any question about the survey, please contact us at:

 

E-mail:
jes.project.office★gmail.com     (Note: please change "★" to "@" in typing e-mail address)

Click below link to use JESIII, JESIV, JESV, and JESVI survey data:

 How to apply for the use of JESIII, JESIV, JESV, and JESVI survey data